忍者ブログ

気になる!?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

電子レジスタ

レジスターは一般的に、レジやレジスター、キャッシュレジスター、電子レジスタと呼ばれている物です。日本語では金銭登録機とも呼ばれており、主に小売店や飲食店において商品の販売額を計算・記録する機器となり、店内でこの機器が設置され、代金を支払う場所も「レジ」と言われております。
計算する本体と売上金・おつりを保管するドロアと呼ばれる引き出しがセットになっているのも特徴です。

レシートも、普通紙・感熱紙タイプ。売上記憶もメモリと2レシートで印刷タイプなど機種によって様々ですので、お店の運用内容と良く比較して機種を選択してください。

店舗用品 電子レジスター特集

レジスターの精算機能

精算機能は、機種により異なる内容となっていますが、一部機能をご説明致します。
・部門精算
部門=区分けの売上内容を印字します。通常の精算を行うとこちらが印字されます。
・PLU/JAN精算
PLU/JAN=商品の単品の売上精算では、商品がいくつ売れたかがわかります。
・責任者精算
責任者=担当者別に売上を印字する事ができる機能です。
・時間帯別精算
機種によって印字時間は異なりますが、30分単位や1時間単位の売上が把握できる機能です。

拍手[0回]

PR

Copyright © 気になる!? : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]